夏にスキーを満喫!月山スキー場の魅力

夏にスキーを満喫!月山スキー場の魅力

月山(がっさん)スキー場は、他のスキー場にはない魅力が数多くあるスキー場です。
スキー場の名前の通り、山形県の中央部、出羽丘陵の南部にある「月山」に位置しています。
「特別豪雪地帯」に指定されている西村山郡西川町から山間部に直線距離で約15kmという人里離れた山奥にあるスキー場でもあります。「木々が少ない」といった特徴があり、スキーやスノーボードをプレイしながら、広大な景色を望むことが可能となっています。
しかし、冬の時期は積雪が多く、月山スキー場と住宅エリアのアクセスが絶たれてしまいます。なので、スキーのメインシーズンである冬は利用することができないといった珍しいスキー場としても知られています。
また、年間の積雪量が多く春から夏に雪がしっかりと残っていることから、冬が過ぎ去った後の春や夏前でも雪の上でスキー・スノーボードが楽しめるようになっています。
「夏スキー」が満喫できるスキー場として、全国屈指の知名度・人気を誇るスキー場でもあり、夏になると全国から多くの人が集まります。
シーズンの終盤には暖かい気候の中、半袖でスキー・スノーボードを楽しむ人の姿を見ることができます。

月山スキー場基本情報

読み:がっさんすきーじょう

住所:山形県西村山郡西川町

標高:1600m~700m

スキー・スノーボード利用可能時期:4月~7月

コース数:4(初級・中級2コース・上級・清水コース)

リフト数:ペアリフト1本・Tバーリフト3本

リフト券:往復・1回・回数券・1日券・半日券(始発~13:00or12:00~最終まで)

休憩所:姥ヶ岳休憩所(飲食店あり)

駐車場:合計500台(有料)

運営:月山観光開発株式会社(出資元:株式会社ヤマコー・西川町・寒河江市)

アクセス

公共機関:山形新幹線「山形駅」から山交バス西川町バスで約110分

車:山形月山インターチェンジから約20分

周辺環境

月山スキー場の道路沿いに山小屋・ロッジ等の宿泊施設が点在しています。

また、スキー場から山を下ったあたりに「月山志津温泉」という観光地があり、温泉が利用できる旅館が10軒程度集まっています。

その他

月山スキー場では、6月下旬頃から「月山フラワートレッキング」を利用することができます。

標高2000m程度の月山は、日本海から吹いている季節風をまともに受けることから、数多くの高山植物が生息しています。

6月の暖かい気候の中で残雪と花々を一緒に見られるという貴重な体験が得られることで人気となっています。

また、天気の良い日には、山頂から日本海の壮大な景色を見ることができます。

※このサイトはあくまで情報サイトであり、公式サイトではありませんので予めご了承ください。

詳しい情報は月山スキー場の公式サイトを参照してください。

新着情報